魔法科高校の劣等生はkissanimeでは観ないほうがいいです!「劣等生」のお兄様と、そんなお兄様にメロメロな妹に目が離せない作品です♪

【Author】
 たぬたぬ

こんにちは。たぬたぬと申します。

魔法科高校の劣等生を観るならkissanimeで観るのはやめたほうがいいです。

kissanimeはウィルスやマルウェアに感染する恐れのあるサイトです。

セキュリティの観点から出来る限りアクセスしないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください(↓)

魔法科高校の劣等生を安全に全話観るなら

魔法科高校の劣等生を安全に観るならU-NEXTがおすすめです。

全話揃っており、kissanimeより高画質・高音質です。そして読み込みも一瞬です♪

なお、U-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。

この間に魔法科高校の劣等生を全話観て、無料期間のあいだに解約したら一切料金は掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントを利用して電子書籍(コミックス)を購入したりもできます。そのあとに解約しても全く問題ありません。

また、有料会員になった場合は毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。私もU-NEXTの有料会員になっていますが、この無料ポイントで毎月2~3冊の電子書籍(コミックス)が購入できるのでめちゃくちゃ有難いです。

アニメを観るならU-NEXTは特におすすめです。

より詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
kissanime(キスアニメ)はウィルス感染の恐れもあり危険!代わりのサービスも紹介。

アニメ『魔法科高校の劣等生』のあらすじ

『魔法科高校の劣等生』の世界は、超能力が魔法と呼ばれている世界で、その能力を持って生まれたものは魔法を扱う職業、魔法師になることができます。

物語は、20年もの間繰り広げられた「第三次世界大戦」の終結から、35年後の西暦2095年から始まります。

魔法技能師を養成するために作らた高校を「魔法科高校」と呼び、その中でも最難関のエリート校として知られている国立魔法大学付属第一高校、通称”一高”に、今作の主人公である司波達也(しばたつや)とその妹の司波深雪(しばみゆき)が入学します。

その魔法科高校は、優等生(一科生)とその補欠である劣等生(二科生)に別れていて、一科生に妹の司波深雪、二科生に兄の司波達也がそれぞれ入り、兄妹で別々になってしまいます。しかし、司波達也には隠された能力が備わっていて…?

アニメ『魔法科高校の劣等生』の感想

この作品を見て、まず最初に思ったことは

……なんだこのブラコンアニメ!?

でした(笑)

主人公の妹である司波深雪のセリフの「さすがお兄様」はあまりにも有名で、「さすおに」と略されて使われるほどです!

最初は思わぬブラコンっぷりに困惑してしまいましたが、見ているうちに、むしろもっといちゃいちゃして…と思ってしまうほど仲睦まじいご兄妹でした。

『魔法科高校の劣等生』という題名なだけあって、主人公は劣等生から始まり、劇的な成長を果たして強くなっていくのかな…??と思いきや、とんでもないハイスペックお兄様でした!!

作中では優等生(一科生)とその補欠、劣等生(二科生)に別けられ、お兄様である司波達也くんは劣等生のほうで入学を果たしてしまいますが、戦闘能力の高さは校内一と言っていいほどに最強です!

やはり劣等生と言っても、エリート校として知られている”一校”なので、とても優秀な生徒がたくさん見られますね。

しかし、こうしてエリートと補欠で区分されていると優越感に浸るものと、劣等感に苛まれるものがどうしても出てきちゃいますよね。

実際に、優等生は王冠(ブルーム)、劣等生は雑草(ウィード)や門なしなどと呼ばれ、ひどい差別を受けています。

その中で葛藤する劣等生側、差別意識を無くすために動く優等生側それぞれの行動は、とても人間味が溢れていて良かったです。

また、魔法の描写がものすごく綺麗でたまらなくかっこいいです!

ひとつひとつ細かく作られており、戦闘シーンは躍動感満載でとても見応えがありました。

魔法を題材として描かれる作品はごまんとありますが「劣等生の最強お兄様とブラコン妹」…こんな作品他にないです!

結局のところ、おもしろいの?おもしろくないの?と聞かれたら、ずばり賛否両論だと思います。

・主人公最強アニメ
・難しい用語がばーっと出てくる
・さすおにブラコン妹

この手のアニメが苦手な人はおすすめしません。

私個人の感想は、本当に戦闘シーンがかっこよくて、ついつい見入ってしまうような場面が多々あり、とても楽しめる作品でした!

ただ、作品を最後まで楽しめたかと言うとちょっと違いました…。というのも、この物語は「入学編」「九校戦編」「横浜騒乱編」と別れているのですが、入学編だけで見るとおもしろく、楽しめる作品だと私は思いました。

しかし、九校戦編、横浜騒乱編と進むに連れて、ちょっと話が難しくなると言いますか、急展開過ぎてついていけないと言いますか…。

話数を重ねる毎に、視聴者側の置いてけぼり感がすごかったです。

とはいえ、躍動感たっぷりの戦闘シーンだったり、爽快感溢れるお兄様の最強っぷりは、見ていて気持ちがいいので、こういうアニメが好きな人にはおすすめの作品です。

最終回は、2期のありそうな終わり方だなぁと思っていましたが、ついに第2期2020年7月放送開始だそうですね!

第2期は「来訪者編」という話で構成されるそうなのですが、前作と比べて少しオカルトチックな内容となっているようで、今までとは打って変わった『魔法科高校の劣等生』を見れるのではないでしょうか!

また、『劇場版 魔法科高校の劣等生 魔法を呼ぶ少女』も公開されています。面白いですよ♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は、公式サイトにてご確認ください。