うたプリを観るならkissanimeはやめておきましょう!劇場版(マジLOVEキングダム)も観られるサービスを紹介♪

【Author】
 たぬたぬ

こんにちは。たぬたぬと申します。

うたの☆プリンスさまっ♪(うたプリ)を観るならkissanimeはやめておいたほうがいいです。

kissanimeはウィルスやマルウェアに感染する恐れのあるサイトです。

セキュリティの観点から出来る限りアクセスしないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください(↓)

うたの☆プリンスさまっ♪を安全に全話観るなら

うたプリを安全に観るならU-NEXTがおすすめです。

うたプリの全話・全期だけでなく、劇場版(マジLOVEキングダム)も揃っており、kissanimeより高画質・高音質です。そして読み込みも一瞬です♪

※正直、うたプリは絶対に高画質・高音質で観たほうがいいです……!!

なお、U-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。

このあいだにうたプリを全話観て、無料期間のあいだに解約したら一切料金は掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントを利用して電子書籍(コミックス)を購入したりもできます。そのあとに解約しても全く問題ありません。

また、有料会員になった場合は毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。私もU-NEXTの有料会員になっていますが、この無料ポイントで毎月2~3冊の電子書籍(コミックス)が購入できるのでめちゃくちゃ有難いです。

アニメを観るならU-NEXTは特におすすめです。

より詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
kissanime(キスアニメ)はウィルス感染の恐れもあり危険!代わりのサービスも紹介。

アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』のあらすじ

『うたの☆プリンスさまっ♪』は、2010年に発売された、PSPの恋愛アドベンチャーゲーム『うたの☆プリンスさまっ♪』が原作です。

これまでにアニメでは、2011年に第1期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE1000%』、2013年に第2期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE2000%』、2015年に第3期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレボリューションズ』、2016年に第4期『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』が放送されました。

2019年には、『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』が放映され、その最終興行収入は18.2億円、そして国際アニメーション映画祭・東京アニメアワードフェスティバル2020の「アニメオブザイヤー部門」では、ファン投票で決まる「アニメファン賞」を見事受賞しました。

そんな大人気作品のストーリーは、原作ゲームとアニメでは大きく異なります。

作曲家志望のヒロイン「七海春歌」は、芸能専門学校「早乙女学園」へ入学します。

早乙女学園には、七海のような作曲家志望の学生と、アイドル志望の学生が混在する形でクラス編成されており、「デビューを目指して作曲家とアイドルがペアを組み、卒業オーディションへ臨む」という流れが学園では通例となっています。

原作ゲームでは、所謂「乙女ゲー」要素満載なので、プレイヤーがペアを組むアイドルを選択してプレイしていく形になります。

しかしアニメでは、ペアを組みたいとアプローチしてくる6名のアイドル候補生に対し、ヒロインの七海は「全員と卒業オーディションに臨みたいです!」という大欲張りセットな結論を出すのです。そのおかげでST☆RISHが結成されます。(※愛島セシルは後に加入)

第2期以降には、ST☆RISHの先輩ユニットであるQUARTET NIGHTや、別事務所のライバルユニットであるHE★VENSが登場し、総勢18名のアイドルが登場します。髪型や瞳の色が奇抜なキャラクターが多かったり、ぶっ飛んだシーンも多いですが、慣れてくるととても面白い作品だと思います。

そしてなにより、Elements Gardenが手掛ける楽曲がとても素敵です!原作ゲームのキャッチコピーでもある「キスよりすごい音楽って本当にあるんだよ」というもの納得の出来なので、まずはうたプリの楽曲から手を出してみるのもオススメですよ!

アニメ『うたの☆プリンスさまっ♪』の感想

ここでは、アニメーションで一番新しい『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』の感想をご紹介します。

これまでの第1~4期のアニメでは、早乙女学園での学園生活や、卒業後のマスターコースでの話が中心で、実はアイドルとしてのライブ描写は、話数と比較すると非常に少ないのです。

これは原作ゲームでも同じなのですが、「実際にどんなライブをしているの?」「どんなセットリストなの?」「どんなライブMCしているの?」という部分は、ファンの妄想・空想の領域を出ていませんでした。

ですが!ついに!推しキャラたちがプロのアイドルとして、どのようなライブをしているのか!!!!!という部分が、明らかになったのが、この『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』なのです。

業界初の「全編がライブ」という構成。ライブを準備するシーンもなければ、舞台裏のシーンもなく、あくまで最初から最後まで「うたプリのライブ」が映像化されている作品なのです。

舞台挨拶で声優の緑川光さんは、「(キャラクター人数分の)18回鑑賞して欲しい」と仰っていましたが(笑)、何回も鑑賞するファンが後を絶ちませんでした。

私も気づいたら10回も鑑賞していました・・・。映画にも関わらず、座席チケットが争奪戦になるという、改めてうたプリ人気の凄まじさを思い知らされる作品でした。

なんといっても、映像が非常に綺麗!推しキャラが動いてる!踊ってる!呼吸してる!瞬きしてる!アニメ第3期のEDで使用されていたモーションなんて比じゃないくらいの、滑らかで繊細な動きなのです。

髪の毛の束がフワッと動くなどの細かな描写や、18名がステージに立ち各々がファンサービスをしているシーンなどは、一回の鑑賞では目が足りないほどの細かな作りになっていました。

ストーリーを全く知らない方でも、きっと楽しめる作品だと思います。知らないアイドルのライブにちょっと行ってみる~みたいな感覚で鑑賞されるのもオススメです!

そして劇場版でうたプリに興味を持たれた方は、是非アニメも視聴してみてください!そしてもう一味違ったうたプリを楽しみたい方には、原作ゲームもオススメです!

キャラクターの設定が少し異なっているので、例えばワンコ系の可愛いキャラにめちゃくちゃグイグイ来られたり、御曹司に押し倒されたりなどなど・・・アニメとはまた違った顔を楽しむことができるかもしれません。

そんな『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』はU-NEXTでも配信中です♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は、公式サイトにてご確認ください。