ブギーポップは笑わないはkissanimeで観ないほうがいいです!もはや古典ともいえる名作です♪

【Author】
 たぬたぬ

こんにちは。たぬたぬと申します。

ブギーポップは笑わないを観るならkissanimeはやめておいたほうがいいです。

kissanimeはウィルスやマルウェアに感染する恐れのあるサイトです。

セキュリティの観点から出来る限りアクセスしないほうがいいです。

より詳しくは以下の記事にまとめているので、参考にしてみてください(↓)

ブギーポップは笑わないを安全に全話観るなら

ブギーポップは笑わないを安全に観るならU-NEXTがおすすめです。

全話揃っており、kissanimeより高画質・高音質です。そして読み込みも一瞬です♪

なお、U-NEXTは31日間の無料期間が用意されています。

この間にブギーポップは笑わないを全話観て、無料期間のあいだに解約したら一切料金は掛かりません。

さらに無料登録するだけで600円分の無料ポイントがもらえます。この無料ポイントを利用して電子書籍(コミックス)を購入したりもできます。そのあとに解約しても全く問題ありません。

また、有料会員になった場合は毎月1,200円分の無料ポイントがもらえます。私もU-NEXTの有料会員になっていますが、この無料ポイントで毎月2~3冊の電子書籍(コミックス)が購入できるのでめちゃくちゃ有難いです。

アニメを観るならU-NEXTは特におすすめです。

より詳しくは以下の記事をご覧ください。

【関連記事】
kissanime(キスアニメ)はウィルス感染の恐れもあり危険!代わりのサービスも紹介。

アニメ『ブギーポップは笑わない』のあらすじ

深陽学園に通う高校生・竹田啓司は、学園の後輩であり恋人でもある宮下藤花に待ちぼうけを食らっていました。

素直で明るく、そして律義な彼女にしては珍しい遅刻を心配し、彼女に連絡する竹田でしたが、連絡も通じません。

そのまま時間は刻々と過ぎていき、いよいよ時間は夕暮れ時に。

流石にあきらめて帰ろうとする竹田の視界には、頼りない足取りで涙を流しながら歩く、不審な男の姿が映ります。

見るからに“ヤバイ”男の様子に、竹田を含む周囲の全員が見ないフリを決め込む中、ただ一人の“不思議な人物”が、その不審な男に駆け寄っていきました。

長大すぎる真っ黒いマントと、縦に長い奇妙な帽子。不審な男よりも、明らかに異質なその人物。

しかし竹田は、その人物の帽子の下に、知った顔を発見してしまうのです。

マントと帽子で全身を覆ったその異様な人物は、竹田の恋人であり、今日の待ち合わせをすっぽかした張本人――――宮下藤花と同じ顔をしていたのでした。

こうして竹田は、この物語――“世界の敵”と戦うための、一人の少女の別人格・ブギーポップを中心に据えた群像劇の中に、否応なく巻き込まれていくこととなるのです。

アニメ『ブギーポップは笑わない』の感想

ひとまず言いたいのは、「よくぞこの作品をアニメ化してくれた!」ということです。

“ライトノベル”という小説の形態に大きく影響を与え、『ブギーポップ以前・ブギーポップ以後』という枠組みすら生み出した作品の、満を持しての完全アニメ化。

2000年に行われた「オリジナルストーリー」のアニメ化と映画化もたしかに秀逸ではありますが、やはり原作をなぞるエピソードのアニメ化は、待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか。

基本的なストーリー展開は、「理屈じゃねぇンだ!格好良けりゃいいンだよ!」といった具合の、いい感じのゴリ押し感と中二イズムが混ぜ合わされたもの。

とはいえ、作品世界を構成する理論や、そもそものストーリー性が疎かになっているわけでは決してなく、人間が深層心理に抱える“闇”に深く切り込んでいく内容は、ライトノベルの読者層である中~高校生だけでなく、ストレス社会で戦う大人にも刺さってしまうような、非常に広い層に支持されるだろう作品となっています。

『化物語』などで知られる西尾維新氏や、『Fate』シリーズで知られる奈須きのこ氏なども影響を受けた作品であるため、それらの作風が好きな方には間違いなくお勧め。

しかし私個人としては、「ライトノベルなんて、結局中高生の読む単純な物語でしょ?」と考えている大人にこそ見てほしい内容だと思っています。

大人にも子供にも見てほしい、全世代に通じる“心”の物語。

どんなジャンル好きにも必ず刺さる点がありますので、乱暴な言い方になりますが、まずはつべこべ言わずにとにかく見ていただきたい作品です!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※当ブログの情報は時点のものです。U-NEXTなどに関する最新の配信情報は、公式サイトにてご確認ください。